スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -

プレミアムチケットで海苔を増したラーメン



20時頃に会社の先輩、彼女と共に千代作へ。
お客さんは一人のみ。
一番奥の席に座ることができた。

先日の千代作祭でゲットした4月末まで使えるプレミアムチケットを使用してみた。
選んだのは「海苔増し」。
おじさんが担当していたこともあり、見た目と実際の食べ応え含め、久しぶりに千代作の海苔の迫力をまざまざと見せつけられた。

この日はまだ千代作祭の余韻が残っていたせいか、千代作祭名物のUTが4つ、ドンブリの奥のほうに、静かに沈められていた。
一つ食べるごとに千代作祭の興奮が蘇ってくるきがした。

ラーメンを食べている途中に、正純氏からゴマドレッシングのサラダをいただいた。
毎日のようにラーメンを食べている不健康な食生活をおくるボクに対する、正純氏の優しさを感じ取ることができた。
いつも心配させて申し訳ない、と思いながら今日もラーメンをすすった。
また明日も来ようと思った。
Posted by さいそう * comments(9) * trackbacks(0)

千代作祭2010〜13th Anniv〜


一年に一度、高田馬場が震える日、それが千代作祭(ちよさくさい)。
今年も例に違わず会社で有給を取得し、千代作祭に参戦してきた。
千代友(千代作を共に愛する友達)の杉本君と一緒に16:00頃に訪問した。
一日のうちで一番のオフピークとなる時間ではあるが、しっかりと10人程度の行列ができていた。
千代作のファンは実に律儀だ。

今年は色々あった。
まずは衝撃的な千代作のラーメン値上げ。
これまで幾多の不況に遭いながらも守ってきた「550円」というラーメンが、ついに「600円」に値上がりした。
千代作ファンはショックを隠せなかったであろう。
しかし、この「600円」という価格設定でさえも、昨今のラーメンに比べたらなんと安いことか。
千代正純氏の努力を伺うことができる。
いままでありがとう。これからもよろしくね。

祭だが、妙なオブジェクトが置かれていた。


一斗缶の上に男根が付けられていた。
なんだろうかこれは。


店内はいつも以上に混み合っており、熱気に溢れていた。
幸運にも、ボクの指定席とも言える一番奥の席に案内された。
今回はいつもと勝手が違い、チャーシューメンでクジ引き権をゲットするのではなく、戸山ブラックを注文しなければクジ引き権をゲットできない仕組みになっていた。
普通のラーメンを食べたかったが、この日だけしかないクジ引きを見逃すことができないため、苦渋の決断となったが、戸山ブラックを選択した。
戸山ブラックはラーメンの食券に加え、戸山ブラック用の100円増し件を購入することで成立する。
ちなみに、戸山ブラックは富山ブラックをパロったラーメンであることは言うまでもない。
ボクはここでさらに海苔増加券を購入し、その時を待った。


白いドンブリに黒いスープ。
これが戸山ブラックだ。
海苔の盛り付けはご存知の通りおじさんによるもの。
顔は覚えていてくれるのでお好みだけ再確認していただいた。
いつもありがとうございます。


濃厚なスープ。
二郎的な量のニンニクがたくさん入っている。


祭名物のUT。ただのうずら卵だ。


友人が注文したラーメン。
おいしそうだ。


本日の戦利品。
12時の位置から時計回りに愛情イッポンチオビタドリンク、小銭入れ、ポケットティッシュ、エチゴビールのステッカー、2011年4月30日まで有効の無料サービス券(なんと、ライス、ほうれん草、海苔、W盛差額分などが提示するたびに無料になる夢のようなチケット。Tシャツを購入した人限定らしい)、年内最終営業日まで有効の戸山ブラックが500円になるチケット、有効期限なしのサービス券(ライス、海苔、ほうれん草無料)、そしてクジ引きでボクが引き当てた石けん。


千代作で事前に予約注文しておいたアニバーサリーTシャツ。2500円。
今年はローリング・ストーンズをパロった「Chiyolling Stones」。
千代作自慢の豚ちゃんが舌を覗かせる。

帰りには恒例の写真撮影をさせていただき千代作をあとにした。
今夜は千代作ファンが一同に集う千代作ファン飲み会が開かれる模様。
高田馬場という日本を代表するラーメンの戦場で13年も戦い続けている千代作の皆さんを労いながらお酒を楽しみたいと思う。
今年もありがとう。そしておめでとう千代作。
Posted by さいそう * comments(3) * trackbacks(0)

千代作到着

NEC_0025.jpg
行列はMAX20人ほど。
昼時が終わっていることもあり、やや収束気味か…!
Posted by さいそう * comments(0) * trackbacks(0)

本日は千代作祭13

一年ぶりの更新となってしまいました。
今日は祭りの模様を無駄に実況したいと思っております。

祭への参戦は14:45〜を予定しております。
がんばります。
Posted by さいそう * comments(0) * trackbacks(0)

千代作祭2009〜12周年の軌跡スペシャル〜

 祭の前の静けさ
年の一度の祭典、千代作祭(ちよさくさい)。
昨年は惜しくも不参加となりレポートすることができなかったが、今年のボクの気合いは違った。月曜開催にも関わらず、しっかりと会社で休みをいただいて祭参加に漕ぎ着けたのだ。(振替休日を利用)
例年の行列ぶりを覚悟していたので、千代友の杉本君とウィンドウズ竹内とともに、15時に集合して参加した。

ラーメンを食らう人々
店の中に入ると、そこはもう千代作ワールド。月曜日のおやつ時にも関わらず、千代作ファン達が必死に麺を啜っていた。
ボクはもちろんチャーシューメンの食券を購入。合わせてノリ増もポチ。社会人になったボクは少しリッチだ。
千代作ファンなら周知の事実であるが、千代作祭の日に限っては、チャーシューメンを頼むと色々なおまけがついてくる。※おまけは後述

正純氏と奥さん
頭にタオルを巻き、Children Of BodomのパロディTシャツ(Children Of Baba)を着て気合いを入れている千代正純氏。と、その奥さん。あいかわらずコンビネーションは完璧。
千代作祭の日にはお手伝いをする人がお店に数人おり、おまけを配ったり、混み合った店内の整理をしていたりする。今年はmixi内の千代作コミュニティに告知などもしていたようだ。
(参考:mixi 千代作コミュニティ - http://mixi.jp/view_community.pl?id=129304

究極の一杯
究極の一杯。この一杯のためにボクは毎日仕事をしてきた。
こだわりの海苔。スープに溶けずに強くコラボレートしてくる自己主張の強いやつ。
こだわりのチャーシュー。とろけりゃいいってもんじゃねえ!!!とロックな主張をしてくる繊細な味わい。
そしてなんと、千代作祭の隠れた目玉トッピング、UT(ウズラ玉子)もしっかりと入っていた。感激。昨年来れなかった自分を恨んだ。

究極のスープ
ゾクゾクする。



あまりにうますぎて、少々速度を飛ばして食べてしまった。
千代作豚が「please, come again」と僕に再来を促す。

戦利品
戦利品の数々。
チャーシューメンの食券を買った時点でプレゼントされたマドハンドみたいな小物。「メタルな小物」って言っていた気がする。
ボクらの身体を気にかけてくれているのか、黒ウーロン茶初見参。
帰りのくじ引きで見事当てたノート。学生にも社会人にも嬉しい一品。
ラーメンSERCHの広告入りポケットティッシュ。ラーメン好きは要チェックだ。
そして、毎年定番となっているパロディ小銭入れ。今年はなんとChildren of Botomならぬ「Children of Baba」。
ロゴ下の三角形の中に入っているシルエットはなんと、千代正純氏本人だ!(湯切りスタイル)
最後にトッピング増量のサービス券と、右端にちょびっと見えるのがエチゴビールのステッカー。

そして今回、ボクは念願を果たした。
千代作ドンブリの購入である。
価格は1,500円。
これで家で寂しくラーメンを食べるときも千代作のラーメンを思い出すことができる。

帰りに写真撮影をしてもらい、千代作をあとにした。
17歳の頃から通い続けて、早9年。
僕はまだ千代作の12年の歴史のうち、12分の9しかしらない。
残りの3年を埋めるべく、今後も千代作と一緒に人生を歩んでいこうと思った。
年々熾烈を極めるこの高田馬場というラーメン戦地において、よくぞ12年も続いてくれた。本当におめでとう、千代作。
Posted by さいそう * comments(3) * trackbacks(0)

【お知らせ】本日は千代作祭です

 チャーシューメンを注文すれば、くじ引きにチャレンジできると思います。(たぶん)
できればチャーシュー一本を当てたいな。

そして今年は物販ブースでどんぶり買おうと思っています。
サラリーマンになったらmyドンブリを買うって決めていました。
ドキドキです。

僕は15時ごろに行きます。
東幹久みたいな顔している客を見かけたら気軽に声掛けてください。
一緒にスープを完飲しましょう。

それでは
Posted by さいそう * comments(0) * trackbacks(0)

千代作


千代作 - 夏ver. -
Posted by さいそう * comments(1) * trackbacks(0)

レンゲがいつもと違ったラーメン



14時半ごろ千代作へ。
一番奥の席に座る。
今日のラーメンは味玉と普通玉、それにチャーシューが6枚だった。
嬉しすぎて初めて割り箸を床に落としてしまった。
チャーシューは角部分が入っており、さらにテンションアップ。

いつも写真を撮り終えたあとラーメンを食べ始めるときに、ボクは最初にレンゲをカウンターから取る。
千代作のレンゲは約4種類。
ボクの一番のお気に入りは、小ぶりで指のフィット感がよく、ドンブリに置いておいても邪魔にならないやつだ。
2、3年前にはよくゲットできたのだが最近はあまりみなくなった。
そのレンゲを上だとすると、最近よく使うのは中のレンゲだ。
そして今日は初めて下のレンゲを使った。
プラスティックぽくて軽くて長いやつだ。
スープを飲むタイミングの際に、軽い違和感を覚えた。

なにはともあれ、今日もおいしかった。
Posted by さいそう * comments(0) * trackbacks(0)

味玉がうまいラーメン



18時頃に千代作へ。
外は風が強くて寒かったからラーメンがめちゃくちゃうまかった。
テレビでは脱サラして吉村家で修行をしている人を特集した番組を流していた。
スーパーテレビかな。
とても興味があったのだが、一番奥の席が空いておらずわざわざ人のいる方に座るのも妙なので扉側の一番端に座った。
この席は厨房が一望できて結構好き。
4分くらいで完食して適当に正純氏と会話をして家路についた。
ラーメンはおじさんスペシャル。
Posted by さいそう * comments(0) * trackbacks(0)

火曜日のラーメン



盛りつけはおじさん。
今日もうまかった。
そういえば月火とドンブリが温められていなかった。
土曜日が偶々だったのかもしれない。
Posted by さいそう * comments(0) * trackbacks(0)